アンティーク金貨とは

アンティークコインアンティークコインは100年以上前に発行された金貨や銀貨を指しています。現在では約20万種類ほど存在すると言われています。世界にはコレクターも存在してその20万種類の中から特に高い価値がついているアンティークコインは注目を集めています。日本ではあまり馴染みがないアンティークコインは欧米を中心とした海外での富裕層の間では資産運用の手段となっています。アンティークコインは希少価値の高いものを保有し、投資と中長期の保管により付加価値のハイリターンを狙うことができます。アンティークコインは言わば資産の一つになっています。

アンティークコインを資産にすることによる利点は実際の現金や金など持ち運べるのに限界があるものよりもコンパクトにできるため、世界中でも持ち運べることができます。電子マネーやバーチャルでもなく実物資産なので確実にある安心感があります。税制面での利点もあります。

アンティークコインは日本ではあまり広まっていない資産運用法でありますが、日本でも昔発行されたお金、発行部数が圧倒的に少なかった硬貨、限定的に発行された硬貨が今になって高価で取引されることと似ています。この例の場合は単純に希少価値がある物を集めているコレクターが高く買い取るという構図なので、資産運用や投資にはなりません。しかし、時が経てば価値が上がるという点と価値が上がった時に売って利益にするという点は似ています。当サイトではアンティークコインについて説明します。